読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My memories

日々の思い出、備忘録

着なくなった服はどうしてる❓

ついつい欲しくて買ってしまう洋服。

ブームが去って着なくなった服達が部屋に溢れて困って、リサイクルショップへ売りに行っても二足三文…

ネット検索してた時に見つけたのが『古着deワクチン』

着なくなった服で、発展途上国の子供達にポリオワクチンを届けてもらえる企画❗️何て素晴らしい🤗

f:id:higashiyama-noda935:20170304012053g:plain

やり方は簡単❗️

①『古着でワクチン』で段ボールを購入すると専用着払い伝票と専用段ボールが届きます。

②不要な衣類(バッグ、靴もOK)を箱に詰めて専用着払い伝票添付。

近くの佐川急便に集荷依頼する。

 

これだけで、NPO法人を通して開発途上国の子供たちに、一口につき5人の命をポリオから守る事が出来るんです。

送った服などを開発途上国に安価で販売する事で、現地にビジネスも生まれ雇用促進になり、収益の一部でポリオワクチンを提供できる。

段ボール代や宅急便代はかかりますが、ボランティアとして現地へ赴けない私としては寄付金替わりにもなるし、洋服も片付き社会貢献も出来てしまう、この仕組みを考えついた人は素晴らしいと思います。

 日本ではワクチンの予防接種によって1980年以降、新たな患者は出ていない小児麻痺ですが、南西アジアやアフリカなどでは流行している子供の病気❗️

世界の子供たちの為に少しでも協力出来れば良いですね😀

 

古着deワクチン|不要衣類・バッグの回収で社会貢献